自分でも対策できる尿失禁【症状を改善する為に利用するグッズ】

誰にでも起こりうる感染症

病院

病気と治療方法

梅毒は梅毒トレポネーマという病原体によって起こる感染症です。感染している皮膚と皮膚が接触する事で新たに感染します。治療は抗生物質の利用が主流です。ペニシリンの内服薬が処方され、梅毒の状態によって内服期間が変わります。初期の場合でも2週間から4週間という長期の服用が必要です。妊娠中に妊婦が感染すると胎児にも垂直感染します。妊婦と胎児をつなぐ胎盤を通って病原菌が移動してしまうからです。そのために現在では妊娠初期の必須検査に含まれています。もしも陽性が出れば早期に治療を開始します。内服薬も妊婦が服用すると大事まで届き、効果を発揮します。治療後は一度の治療で治癒しないことがあるので、必ず再検査を行い再発していないのかを確認する必要があります。

知っておきたいこと

治療中には体反応が起こることがあります。内服薬の副作用ではなく、梅毒トレポネーマが内服薬によって死滅していき、そのスピードが速いために起こる反応です。この様な反応が起こることをしっかり把握しておき、内服薬の服用を自己判断で中止しないようにすることが重要です。もしも発熱や筋肉痛などの症状が出現したら医師に相談して、納得のいく説明を受けるようにします。また梅毒の陽性反応が出た時には、恋人や配偶者にも検査をすすめる事が大切です。感染の可能性が高いので、早めの検査で結果が分かり早期に治療を始めることができます。梅毒の治療が不十分であると数年から十数年かけて重大な病気に繋がってしまいます。必ず医師の指示通りに内服をして完治する様にします。