自分でも対策できる尿失禁【症状を改善する為に利用するグッズ】

増加する若年性ED

悩むレディ

食生活やストレスが原因

勃起不全は中高年の病気と考えられがちですが、最近では若い人がEDを発症するケースも増加傾向にあります。20代や30代でEDの治療に訪れる患者が、新宿の泌尿器科でも少なくありません。若年性EDの原因としては、まず不規則な食生活や過剰なストレスなどが考えられます。加工食品を摂取しすぎて栄養が偏ると、若くても動脈硬化や高脂血症を起こしやすくなります。また運動不足や過度の飲酒・喫煙などもEDの要因になるため注意が必要です。若いのにEDの相談をするのは抵抗があるという方も多いでしょう。新宿にはプライバシーに十分な配慮を行ない、男性医師だけが診察している泌尿器科もあって、受診のハードルが低くなっています。

心理的な要因も

若年性EDには失敗を恐れる気持ちや過去のトラウマなど、心理的な要素が関係している場合も多いのが特徴です。心因性EDは精神科や心療内科でも治療できますが、新宿の泌尿器科では直接的なED治療薬の処方を受けることができます。ED治療薬は心因性EDの95%以上に効き目があるとされており、何度か成功して自信が身につけば、その後は薬が不要になるのが一般的です。ED治療薬は個人輸入代行の通販サイトでも入手できますが、副作用に対する補償がなく、使い方を間違えるとEDが悪化する可能性も考えられます。特に若年性EDの原因は多種多様なので、十分な知識を持った医師のいる新宿の泌尿器科で診察を受けることをお勧めします。